「こんなはずじゃなかった……」は通用しない。ウサギ200匹越えの多頭飼育崩壊という愚行

「こんなはずじゃなかった……」は通用しない。ウサギ200匹越えの多頭飼育崩壊という愚行

神奈川県の県西地域でウサギの多頭飼育崩壊が起き、そのニュースが大きな話題になりました。30代夫婦が飼育していたペットのウサギ2匹が繁殖し、わずか2年足らずで200匹以上に。その圧倒的な繁殖力によって、自宅内は “ウサギに占拠” されてしまったといいます。犬や猫の多頭飼育崩壊は耳にすることがありましたが、ウサギは珍しい事例です。

飼い主のSOSを受けた県担当者やボランティアもその経験がなく、困惑する事態となりました。この夫婦は2020年8月から9月にかけてウサギ2匹を県内のペットショップで購入。室内飼育で2匹一緒に飼っていたところ、1年で約100匹に。今年7月上旬、県動物愛護センターに相談し、多頭飼育崩壊が発覚したのです。

ウサギたちが保護されたのは約1カ月後。行政が対応を模索している間も、ウサギは増え続けました。8月5日に同センターが約60匹を引き取り、動物愛護団体も支援に加わり約150匹引き取る事態となったのです。なぜ、200匹を越える多頭飼育崩壊が起きてしまったのでしょうか。